Sign In
Manage PermissionsManage Permissions
|
Export Event

Title

ウクライナ情勢と米金融政策・円安進行

Event Description

【日本CFA協会ウェビナー】

タイトル:ウクライナ情勢と米金融政策・円安進行

日時:2022年6月1日(水)19:00-20:30
開催方式:Zoomウェビナー
講師: 木内 登英氏 (株式会社野村総合研究所 エグゼクティブ・エコノミスト) 
会費:日本CFA協会会員(正会員、準会員、アソシエイト会員、プロフェッショナル会員): 無料、受験者: 2,000円、非会員: 3,000円
PLクレジット:1.5
講義が焦点を当てる分野: Economics

講演内容

ウクライナ問題はその直接的な影響よりも、物価高騰、米国の急速な金融引き締めといった既存の問題を増幅、加速することで世界経済のリスクに。米国は秋頃から金融引き締めを慎重化することで2023年の米国経済はグロースリセッションにとどまるというのがメインシナリオ。ただし、ウクライナ情勢の混乱、物価高騰が長期化する場合、米国の政策金利は3%台まで一気に上昇、累積されてきた金融市場の歪みも一気に調整され、米国経済が失速するリスクシナリオの蓋然性も徐々に高まっている。急速な円安は主に米国長期金利の急上昇によるが、日本銀行の緩和姿勢継続も円安のスピードを高めている。日本銀行がマイナス金利解除など本格的な金融政策正常化に着手するのは、2023年4月の黒田総裁退任後だが、政府、企業、国民からの「悪い円安」批判を受けて、長期金利の上昇を一定程度容認する政策修正は10月頃までに実施か。

講師略歴

1987年に野村総合研究所に入社後、経済研究部・日本経済調査室(東京)に配属され、それ以降、エコノミストとして職歴を重ねた。1990年に野村総合研究所ドイツ(フランクフルト)、1996年には野村総合研究所アメリカ(ニューヨーク)で欧米の経済分析を担当。2004年に野村證券に転籍し、2007年に経済調査部長兼チーフエコノミストとして、グローバルリサーチ体制下で日本経済予測を担当。2012年に内閣の任命により、日本銀行の最高意思決定機関である政策委員会の審議委員に就任し、金融政策及びその他の業務を5年間担った。2017年7月より現職。

1987年野村総合研究所入社

1990年野村総合研究所ドイツ

1996年野村総合研究所アメリカ

2002年野村総合研究所 経済研究部 日本経済研究室長

2004年野村證券 金融経済研究所 経済調査部次長

2007年野村證券 金融経済研究所 経済調査部長 兼 チーフエコノミスト

2012年日本銀行政策委員会審議委員

2017年野村総合研究所 エグゼクティブ・エコノミスト

【書籍】

2017年11月発行『異次元緩和の真実』日本経済新聞出版社

2018年2月発行『金融政策の全論点: 日銀審議委員5年間の記録』東洋経済新報社

2018年8月発行『決定版 銀行デジタル革命』東洋経済新報社

2018年10月発行『トランプ貿易戦争』日本経済新聞出版社

2019年3月発行『世界経済、最後の審判 破綻にどう備えるか』毎日新聞出版

2019年5月発行『プラットフォーム経済圏 GAFA vs. 世界』日経BP

2019年12月発行『決定版 リブラ』東洋経済新報社

2021年8月発行『決定版 デジタル人民元』東洋経済新報社

2022年1月発行『日銀の出口戦略Q&A』銀行研修社

登録方法 ・お問合せ

セミナーにご参加の際は以下のウェブサイトよりお申し込み下さい。
https://cvent.me/A2GyRa

 ※日程が近づいて参りましたらZoomウェビナーのリンクをご登録いただいた皆様に送付いたします。


日本CFA協会
[email protected]


Event Type

Society; Featured

Education Topic

Economics

Start Time

2022/06/01 19:00

End Time

2022/06/01 20:30

City

Tokyo

State/Province

 

Event Country

 

Event Region

Asia Pacific

Location Info

 

Speaker

木内 登英氏 (株式会社野村総合研究所 エグゼクティブ・エコノミスト)

CE Credits

1.5

SER Credit

0

Currency

yen

Member Price

0

Non-Member Price

3000

Candidate Price

2000

Registration

​セミナーにご参加の際は以下のウェブサイトよりお申し込み下さい。

https://cvent.me/A2GyRa

 ※日程が近づいて参りましたらZoomウェビナーのリンクをご登録いただいた皆様に送付いたします。


All Day Event

 

Recurrence

 

End

2022/06/01 20:30

Event Link

Detail

Event Link Leads To New Tab

Yes

Event Short Info

【日本CFA協会ウェビナー】
ウクライナ情勢と米金融政策・円安進行

Event Type Color

Society

Attachments

Content Type: MyCFA Calendar
Created at 2022/05/13 16:43 by [email protected]
Last modified at 2022/05/18 14:22 by [email protected]