Sign In
Manage PermissionsManage Permissions
|
Export Event

Title

A Dialogue with MOF on the amendment of FEFTA/外為法改正に関する財務省との対話の催し

Event Description

タイトル: A Dialogue with MOF on the amendment of FEFTA / 外為法改正に関する財務省との対話の催し


日時 2020年1月14日(火)18:30-19:30 (30分の延長可能)

会場:  大手町プレイス1F カンファレンスセンター カンファレンスA(東京都千代田区大手町2-3-1)

https://conference.otemachi-place.jp/access.html

話題提供者: 財務省 国際局調査課 外国為替制度調査室長 石田良氏
会費:無料(プログラム委員会とアドボカシー委員会との共催)

講義が焦点を当てる分野: 日本株


プログラム

On November 22, 2019, the Japanese National Diet passed an Amendment Bill of the Foreign Exchange and Foreign Trade Act (FEFTA).  This Amendment Bill (a) lowers the threshold for prior-notification requirement from 10% to 1% when foreign investors acquire shares of listed companies of designated business sectors, and (b) exempts foreign investors that are neither 1) becoming board members of the invested company nor 2) proposing and voting for the transfer or disposition of important business activities of the invested company at shareholders' meetings, etc, from the prior-notification requirement (For exempted investors, only a post-investment report will be required.).

In Financial Times on November 11, 2019, Yoshiki Takeuchi Vice-Minister of Finance for International Affairs of Ministry of Finance(MOF), Japan notes:

 "Shareholders are free to exercise any other rights or engagement. In addition, investors can take actions in 1) and 2) after pre-screening. This process is not lengthy or prohibitive, and will be completed within five days if there are no national security concerns."

As this amendment is of significant importance to the investor community both in Japan and overseas, we conducted a survey of professionals in the investment industry with CFA Institute (APAC) in order to gauge their understanding and concerns on the amendment to FEFTA. You can take a look of the result at our site of ARX:

https://www.arx.cfa/en/research

Now we hold a dialogue with MOF on the amendment of FEFTA.

 

11月22日、「外国為替及び外国貿易法(FEFTA)の一部を改正する法律案」が成立しました。外国投資家が一定の業種を営む企業に投資する際に、事前届出が必要となる取得株式の閾値を、現行の10%から1%へ引下げ、併せて、1)役員への就任や2)重要事業の譲渡・廃止等を求めない投資家については事前届出を免除とするものです(事前届出が免除される投資家については投資の事後報告をすることが求められるのみです)。
 2019年11月11日にフィナンシャルタイムズ紙に載った財務省の国際金融担当の武内良樹財務官の文書によると「株主は1)や2)以外の他の権利やエンゲージメントの行使に何ら制約はない。さらに、投資家は事前審査後に1)や2)の行為をすることもできる。この過程はそれほど時間のかかるものでも禁止的なものでもなく、国の安全等を損なう恐れがなければ審査は5日以内に完了する。」と述べています。

この外為法改正は内外の投資家コミュニティにとり極めて重要であるため、日本CFA協会とCFA協会(アジア太平洋)は、日本に投資する専門家の意見を探るため「外国為替及び外国貿易法(FEFTA)の一部を改正する法律案」に関する調査を運用業界の投資専門家に対して11月に行いましたが、その調査に引き続き今般、財務省と直に対話する催しを企画するものです。調査結果はARXのサイトをご覧ください。

https://www.arx.cfa/en/research


加対象

日本CFA協会会員、受験者、

機関投資家、企業年金基金、事業会社関係者(アナリスト、運用担当者、CSR担当等)様

個人向け運用機関、アドバイザー(証券会社、投資信託会社、FP)様

Event Type

Society

Education Topic

Equity Investments

Start Time

2020/01/14 18:30

End Time

2020/01/14 19:30

City

Tokyo

State/Province

 

Event Country

 

Event Region

Asia Pacific

Location Info

会場:  大手町プレイス1F カンファレンスセンター カンファレンスA(東京都千代田区大手町2-3-1
https://conference.otemachi-place.jp/access.html

Speaker

財務省 国際局調査課 外国為替制度調査室長 石田良氏

CE Credits

1

SER Credit

0

Currency

yen

Member Price

0

Non-Member Price

0

Candidate Price

0

Registration

セミナーにご参加の際は以下のウェブサイトよりお申し込み下さい。
https://cfainstitute.force.com/eventapi__router?event=a1O3Z000003aWl7&site=a0Wj000000Dv6cB

All Day Event

 

Recurrence

 

End

2020/01/14 19:30

Event Link

 

Event Link Leads To New Tab

 

Event Short Info

 

Event Type Color

 

Attachments

Content Type: MyCFA Calendar
Created at 2019/12/19 19:34 by shiozawa@cfaj.org
Last modified at 2019/12/19 19:34 by shiozawa@cfaj.org